トップ  »  安全衛生・環境保全

安全衛生・環境保全/Safety

 

安全衛生の基本方針

 

 

岩手県南運輸株式会社は従業員の安全及び健康の確保が企業存立

基盤をなすものと認識し、労働安全衛生法に基づき、交通災害

及び労働災害の発生を防止するため、更に従業員の健康確保に適

切な経営資源を投入し次の基本方針効果的に実施していく。

 

 

 

 

 

基 本 方 針

 

 

全員参加による安全衛生活動の推進 

 

 

 


 

 

重 点 方 針 

 

 

Ⅰ 人身事故(労災)を撲滅します。

 

Ⅱ 交通災害・労働災害総件数を3割削減します。

 

Ⅲ 事故の「要因と是正」を定期的に協議し未然防止する。

 

 

 

 


 

◇環境保全技術に関する資格取得状況 

 

 

安全衛生委員会の役割と活動

 

 

Ⅰ 従業員の健康管理

 

   ◎ 定期健康診断(深夜従事者年2回)の実施

 

   ◎ 健康増進の講話実施~産業医

     DSC00231.JPGのサムネール画像

    

  保健師を招き実施した健康講座の様子 H30.7.21

 

 

Ⅱ 交通労働災害防止

 

   ◎交通事故原因の解明と再発防止策の確立

 

   ◎適正な運行システム・労働時間の管理

 

   ◎部署会議・全体会議で原因・対策を確認

      CIMG0936.JPGのサムネール画像

            

 

Ⅲ 教育訓練の実施

                            

   ◎トラックドライバーの基本マナー

 

   ◎労働災害・交通災害防止の講習会

 

      

       29.7.15.jpgのサムネール画像

      

Ⅳ 毎月第一土曜日「安全衛生委員会」開催

 

      

 

Ⅴ 毎月10日 構内環境整備活動

 

      


 

 

 

 日常点検のポイント

 

Ⅰ 一日一回は点検

 

   ◎運行前に目視による日常点検を実施する。

 

   ◎必要な整備をしてから運行を開始する

     前日に異常な個所などを修理する。

 

   ◎点検順番を定め、それに従って点検を行う。

 

   ◎運行可能かを判断する。

 

         

 

Ⅱ 点検記録は保存を

 

 

   ◎法律に定めるところを記載し保存する。